家造り・注文住宅の設計事務所 ARC建築設計工房
アドバイス
今のお住まいでお困りの事はありませんか?
 現在お住まいの家の耐震診断行います  
   HP上でも簡単耐震診断 → こちら
 ペットとの快適な生活をご提案
家づくりを始める方のための基礎講座
 家を建てるにあたっての基本知識
 ■資金計画はどのようにたてればいいの?
 土地を探すにあたって注意したいこと
 ■地震に強い家ってどんな家?
 ■シックハウス対策は?健康に暮せる家
 ■省エネを上手に取り入れよう
 ■ペットと楽しく暮らしたい
設計事務所と家を建てよう
 ■設計業務の流れ
 ■設計監理料
 ■分離発注
 ■土地相談
ニュース
 ■ARC住まいづくりセミナー
  相談会を掲載しました
 ■梅田淳さんとの対談記事紹介
 ■現場日記(ブログメニュー)
ブログ
 ■農夫的建築士のひとり言
 ■西中島便り
 ■ Working Now
 ■ 四人会ブログ
プロフィール
 ■事務所概要
 ■プロフィール
 ■掲載記事
 ■建築へのこだわり
  ■ご希望の方に当社のパンフレットを
     送付致します
TOP>ADVICE>設計監理科

設計事務所ではどのような業務がどれ位かかるの?

設計事務所の復権について
かつて設計事務所は、設計だけ、あとは現場にまかせる、監理はやってもお飾り程度、設計ミスがあっても実質的な責任はとらない、施工会社に尻を拭かせるというケースが、全てとは言わないまでも多々有ったと聞きます。
その上、設計事務所の若い所員にでも、先生、先生と呼ばざるを得ず、設計事務所は施工会社にとって煙たい存在になっていき、それならば、設計を中に取り込んで設計施工でやってしまいましょうという方向になってしまいました。

 そして、徐々に多くの設計事務所はメーカーや工務店の下請けにまわってしまいました。
営業努力をしなくても良い訳ですから設計事務所にとってある意味で有難かった訳です。
その分、現場に落ちている設計改善や、コスト削減へのヒントと共に手抜き工事等も設計事務所の目に触れる事なく設計施工のブラックボックスの中に隠されてしまった訳です。
それが設計事務所の弱体化につながって、極端なところでは、設計事務所無用論まで飛び出してくる有様です。私達設計事務所は自分の業務を再認識し、本来の仕事に復帰すべきです。しかしそこでは言い逃れや責任回避は許されません。
めんどうな事は工事会社に頼ったり、押し付けたりせず、お互い妥協する事なく協力しあって良い建物を完成させるという、施主様本位のシステムに戻るべきだと思います。
その為に設計事務所は存在していると言っても過言ではないと思います。

設計と監理
  図面や模型によって建物をプランすることを設計と呼ぶのに対し、出来上がった図面を元に工事が
 始まると、現場で工事が図面通りに工事されているかどうかをチェックし、指示を行うのが監理といいます。
 つまり、設計事務所が設計と監理の業務両方を行う事により、初めて、図面通りの建物が建てられる
 ことになります。
  設計も監理も施工を行う住宅会社さんでという場合、第三者的立場で設計監理を行う設計事務所が監理に 入ってないと、図面通りに現場が工事されているかどうかをチェックする目が厳しくならない事も考えられます
 施主の立場に立った設計事務所が監理を行う事は、非常に重要なことと言えます。
  
設計監理料について
上記のように、設計事務所が本来行うべき業務全てを一貫して行う作業を、設計監理料とお考え下さい。具体的には下記に列記する作業に対してとなります。
・基本設計料 配置図・平面図・立面図・断面図作成
(施主様との打ち合わせ、模型、スケッチ含む)
・実施設計料 意匠図・構造図・設備図・詳細図・構造計算等
・許可申請料 確認申請他関係省庁許可手続き
(住宅性能表示・公庫申請等別途)
・許可申請料数量計算・見積書チェック
・許可申請料施工業者及専門工事会社選定
・工事監理料   : 現場でのチェック、施工業者との打ち合わせ及指示、
工程管理、役所検査立会い等
その他全工程における打合せ一切
敷地の形状や狭小宅地等、また建物の難易度で変動しますので積上げ方式で見積もりさせて頂きます。一般的には工事金額が低くなると設計料率は上がりますが、目安としては工事金額の8%〜12%位でしょうか。
        サイトマップ       ■個人情報保護方針       ■問い合わせ       ■リンク