家造り・注文住宅の設計事務所 ARC建築設計工房
アドバイス
今のお住まいでお困りの事はありませんか?
 現在お住まいの家の耐震診断行います  
   HP上でも簡単耐震診断 → こちら
 ペットとの快適な生活をご提案
家づくりを始める方のための基礎講座
 ■家を建てるにあたっての基本知識
 ■資金計画はどのようにたてればいいの?
 ■土地を探すにあたって注意したいこと
 ■地震に強い家ってどんな家?
 ■シックハウス対策は?健康に暮せる家
 ■省エネを上手に取り入れよう
 ■ペットと楽しく暮らしたい
設計事務所と家を建てよう
 ■設計業務の流れ
 ■設計監理料
 ■分離発注
 ■土地相談
ニュース
 ■ARC住まいづくりセミナー
  相談会を掲載しました
 ■梅田淳さんとの対談記事紹介
 ■現場日記(ブログメニュー)
ブログ
 ■農夫的建築士のひとり言
 ■西中島便り
 ■ Working Now
 ■ 四人会ブログ
プロフィール
 ■事務所概要
 ■プロフィール
 ■掲載記事
 ■建築へのこだわり
  ■ご希望の方に当社のパンフレットを
     送付致します

TOP>ADVICE>設計業務の流れ

住まいづくりの流れを見てみましょう

家づくりの始まり
当事務所とお客様との出会いです
お電話でもメールでもご遠慮なくご連絡下さい
過剰な営業や強引な勧誘は一切しておりませんのでお気軽にどうぞ
面談
当事務所の業務について説明します
・お客様の家づくりに関するご要望をお伺いします
設計への考え方やお客様の住まいに関して敷地・規模・イメージ・家族構成・性能・予算・資金計画・入居時期等、家づくりのいろんな想いをお聞かせ下さい
敷地調査
地調査により道路や周辺環境を確認し関係法令を調査します
調査により、建築に関する条件(どれ位のものがどのように建てられるのか)をチェックします
プランご提案
第1回目の基本プラン(ラフ計画案)を提案致します
大体はスケッチの平面図・立面図 1/100でのご提案となります。ここまでは基本的に無料で行いますが、基本プラン作成に過大な作業、労力を要する場合はこの限りではありません
御検討
お客様に御検討いただきます
この段階で、プラン、設計方針、設計監理条件等で納得していただければ業務委託契約を前提に進めていきます
業務委託契約
設計監理の業務委託契約を結んでいただきます
当事務所とお客様との契約です。基本プランに基づいて設計期間、予算、工期等を話し合い確認致します。

設計監理料第1回支払い
基本設計
お客様との打合せにより基本プランを煮詰めていきます
基本的な骨組み(後で変更の難しい構造、階数等)を決める段階ですので時間をかけてご家族でもよく話し合っていただくことが大事です。当事務所はお客様本位で作業を進めさせて頂きます。お客様のお好きな空間・素材・間取りをお聞かせ下さい。材料の見本、パース、模型等で充分吟味してゆきたいと思います。設計事務所に依頼される特権はお客様の時間の許す限り建物の検討ができる事です。配置図・平面図・立面図・断面図を決定し作成します。木造2階建(2×4、在来木軸)でも構造計算により建物の安全を確認致します。

銀行との融資相談
実施設計
基本設計が決定したら
実際の工事に必要な図面を作成します。匠図・構造図・設備図・詳細図等1/50で作成。見積りをしてもらう図面ともなります。

融資申込み準備
許認可申請
建築に伴う様々な許認可手続きを行います
敷地や場所により許可の種類や日数は異なりますが実施設計と並行して進めます。

公庫融資申請
設計完了の打合せ
実施設計図を元に図面の内容を説明し確認します
ここで両者の思い違いや食い違いを修正し、軽微な変更も行います。

設計監理料第2回支払い
数量積算
決定した図面を元に必要な部材の数量明細書を作成します
見積依頼
施工業者さんや各専門業者の方に見積りを依頼します
見積書の内容や数量、金額のチェックを行います
工事業者選定
提出された見積書を比較検討します
金額や数量のもれや間違いがないか又、業者さんの工事能力や品質、評判も調査し絞り込んでいき、お客様に説明させていただきます。
工事請負契約
お客様と施工業者さん又は専門工事業者さんとで請負契約を結んでいただきます
工事業者さん及び工事金額について納得していただけたら契約書を再確認し捺印していただきます。
着工
いよいよ工事の始まりです
お客様のご希望で地鎮祭を行うこともあります
工事監理
監理契約に則り工事監理を行います
施工者が図面通りに正しく工事を行っているかを現場でチェックします。この工事監理を第三者である設計事務所に依頼する事がお客様にとって安心できる家づくりの一番のメリットと言えるでしょう。

上棟式
棟上の事です
木造の場合は棟木を上げること、RC造ではコンクリート打ち完了時、鉄骨造では鉄骨工事完了時です。住宅の場合は神主さんを招かず簡単に行う事が多いです。お客様にとって平面図という二次元世界から三次元世界に立ち上がってお客様のイメージが形となって現われてくるという最初の感動の瞬間です。大工さんや職人さんのご苦労をねぎらいこれからも宜しくという気持ちを表現する場でもあります。

設計監理料第3回支払い(上棟時)
外装・内装工事
躯体が出来上がると外装・内装工事に移ります
使用材料の色・柄、設備部材等は最初の図面作成の段階で大筋は決定していますが、現場で確認されたい時はここで最終決定します。
竣工
全ての工事の修了です
行政の完了検査を受けます。お客様にも検査していただき、指摘事項は手直しします。
引渡し
工事費の清算と引渡しをします
工事中の変更等で工事費の増減があれば清算します。関係書類の引渡しを行います。

設計監理料第4回支払い(竣工時)
アフターメンテナンス
各工事のアフターは設計事務所が窓口となり点検に伺います
何かあればご連絡下さい。
        サイトマップ       ■個人情報保護方針       ■問い合わせ       ■リンク